天道是非 グラフィックボード
プロフィール

白築 える

Author:白築 える
白築 える のブログへようこそいらっしゃいました。

mabinogi、PSO2を主に書くブログになります。

http://が禁止ワードなので//以降からで入力してね。

主な記事
PSO2
日記
情報機器
うつ病など。
--------
携帯端末情報
機種:SO-02G(Xperia Z3 Compact)
OS:Android5.0
PC情報
CPU:i7 3770K
RAM:16GB
GPU:HD7970GhzEdition
ASU:SSD 120GB RAID0(バックアップHDD1TB)





タグクラウドとサーチ

ストップエラーの原因判明。原因は電圧出力不足ではなく…

2012-12-05

グラフィックボードでした。

グラフィックボードの端子を見たところ2箇所たとは違う様になっており、恐らく端子が壊れた影響により不安定になっていたのでしょう。

そして新しい電源ですが。

買って損はなかったです。

確かに電圧は下がっていましたが、今回装着したHD7970GhEditionの消費電力的に800W無いときついので850Wのを購入しました。

扇風機が耳元で回ってるかのごとくうるさいです。

以上があるグラボですが、レシートが行方不明でOCも少ししていたので修理に出すことはできません。
接点復活剤や、特殊液体で掃除してみると治ったりして。

とりあえずPSPの修理は最低2000円から、PC修理は最低5000円からになります☆
かかる費用は別料金でございます。

チャット、電話サポートなら無料ですよ!(知り合いに限る)
スポンサーサイト

パソコン関係 コメント: 0 トラックバック: 0

DELL製パソコン修理 グラフィックボード編

2011-07-29

今回の修理対象はこちら。
DELL Studio XPS 8000
スペックは以下の通り





cpui5-650
RAMDDR3 2GB*2
GPUGTS240
電源350w 36A





・・・・下線部からテーブルまでプレビューでかなり隙間開いてるな・・・・。

とりあえず症状から。
症状
・ゲーム中にガリガリ音
・起動して数十秒でブラックアウト

さてどこが悪いかわかるかな?




正解はグラフィックボードです。

グラフィクボードの冷却系の異状による故障になります。
今回の故障は冷却ファンのベアリングの焼付きによる故障になります。

ファンの詳細




メーカーProtechnic
生産国中国
型番MGT7012YF-W20


・・・ここも間が開いたな。

実際に本体を見る前からグラフィックボード(以下グラボ)だと踏んでいたので、とりあえずサイドカバーを外し、立ち上げてグラボを見てみる。


( `・ω・)ジー



( '・д・)ポカーン・・・・。

ファン:仕事したくないでござる。


そうです。上に書いたようにベアリングが焼けてしまっているのでファンが回りません。
というか回るはずがありません。

(ためしに触ったらすっごくあつかったよ!!!!)


とりあえず、PCデポまでグラボをぺでると買いに行きます。
貧弱男が二人で歩いててPCデポではなく違うところに逝きそうでした。

スペックアップと拡張性も考えて、電源630WとHD6770どちらとも玄人思考のを購入しました。
電源はプラグイン方式80plusブロンズ HD6770は2ソロット占領クーラのタイプ。

チャリーン

ぺでる亭へ帰還し、さっそくはじめます。
まず電源から伸びているケーブルをすべて外して行き、電源のネジを外した後下側についているボッチをドライバーで押しながら電源を外します。



そして新しく買ってきた電源をつけます。
える:なんだこれ。とれねぇ・・・・。そおおい!

ビリビリー

ビニールを丁寧()に外して本体へ逆の手順で装着します。
この時点でDELLのサポート対象外になります。
今後DELLではなくえるねこサポートに入ります。


電源のケーブルを元通りに配線しなおします。
次にグラフィックボードをつけますね。
GTS240からHD6770


基板だから大丈夫よ!
接触面は触ってない!

装着後


工程も最終段階へ入りました。

各種ケーブルをI/Oへ接続しなおし、電源を入れる。



まずはpostクリア。
ブラックアウト無し。
異音無し。
画面OK

nvidiaのドライバをアンインストールします。
そして再起動後にHD6000シリーズのドライバをインストールします。

ためしにmabinogi、AOEを起動しましたが、GPU温度もさほど高くなく安定しており後はサイドカバーを元に戻し終了になります。

windowsエクスプリエンスインデックスのグラフィックボードの項目のスコアは6.9から7.4へあがりました。


これにて DELL Studio XPS 8000 グラフィックボードの交換修理を終わりになります。
費用は19440円
交通費520円
計19960円にて修理完了です。
故障から2日のことでした。

普通にメーカーに修理に出すより格段と安く、かつスペックも上がるので個人でサポートしたほうがお得だったりもします。

しかし、以後サポートを受けれないと言うデメリットもあるので注意を。
保障期間中なら無料なのでそちらを利用しましょう!

パソコン関係 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
763位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
313位
アクセスランキングを見る>>